土田英生

劇作家・演出家・俳優/MONO代表
1967年3月26日 愛知県出身
サイズ:身長169cm 靴25.5cm

1985年立命館大学入学と同時に演劇を始める。1989年に「B級プラクティス」(現MONO)結成。1990年以降全作品の作・演出を担当する。
張りつめた状況の中に身を置く普通の人々の佇まいや認識のズレから生じる会話の可笑しさや哀しさを軽快なテンポで見せることで評価を得ている。
1999年『その鉄塔に男たちはいるという』で第6回OMS戯曲賞大賞を受賞。2001年文学座に書きおろした『崩れた石垣、のぼる鮭たち』で第56回芸術祭賞優秀賞を受賞。2003年文化庁の新進芸術家留学制度で一年間ロンドンに留学。劇作と並行してテレビドラマ・映画脚本の執筆も多数。

ニュース

■土田英生の最新の活動はこちらでご確認いただけます >>> 土田英生関連ニュース

経歴

【舞台/劇作・演出】
1990年 以降のすべてのMONOの舞台(作・演出・出演)
1998年 劇団M.O.P 『遠州の葬儀屋』(作)
1999年 G2プロデュース 『いつわりとクロワッサン』(作)
1999年 メイシアタープロデュース 『近松ゴシップ』(作・演出)
2000年 パルコプロデュース 『ボーイズ・タイム』(脚本)
2001年 OMSプロデュース 『その鉄塔に男たちはいるという』(作・演出・出演)
2001年 文学座 『崩れた石垣、のぼる鮭たち』(作)
2001年 劇団青年座第160回公演 『悔しい女』(作)
2002年 Reading 『椿姫』with 草なぎ剛 [ヴォイス](作・演出)
2002年 兵庫県立ピッコロ劇団第17回公演 『樅の木に短冊』(作・演出)
2002年 東京国際芸術祭「南半球の渦」(作・演出)
2005年 AI・HALL自主企画 ドラマ・リーディング「ガガーリン・ウェイ」(演出)[作/グレゴリー・バーク]
2005年 「燕のいる駅」(作)
2006年 北九州芸術劇場プロデュース・天王洲銀河劇場オープニングシリーズ「錦鯉」(作・演出)
2007年  『It is said that the men are over in the steel tower』 (作) ※「その鉄塔に男たちはいるという」NYバージョン
2007年 Bunkamura「橋を渡ったら泣け」(作)
2007年 劇団青年座第189回公演「悔しい女」(作)
2009年 福田転球×平田敦子÷土田英生「戸惑い男、待ち女」(作・演出)
2009年 演劇集団円「初夜と蓮根」(作)
2009年 劇団青年座「その受話器はロバの耳」(作)
2009年 アトリエ・ダンカンプロデュース「トリツカレ男」(演出)[作/倉持裕 振付/小野寺修二]
2009年 タニマチ金魚第3回公演「三日月に揺られて笑う」(作・演出)
2010年 土田英生セレクションvol.1「−初恋」(作・演出)
2011年 「日本の劇」戯曲賞 最優秀賞受賞作品 「オトカ」(演出) [作/今井一隆]
2011年 アミューズ「バッド・アフタヌーン〜独立弁護士のやむを得ぬ嘘〜」(演出)[脚本/小峯裕之]
2011年 ENBUゼミナール 「桃ノ木高原SA」(作・演出)

2011年 茂山狂言 HANAGATA (作・演出) ※「是非に及ばず」「警備員の悩み」
2012年 CBGK Premium Stage リーディングドラマ 「Re:」(作・演出)

2012年 演劇集団円「胸の谷間に蟻」(作)

2012年 土田英生セレクションvol.2「燕のいる駅」(作・演出)
2012年 kitt 『梢をタコと読むなよ』(作・演出・出演)

2013年 文化庁主催 「ウェルズロード12番地」(作・演出)

2013年 フジテレビ 『二都物語』(脚本)[原作/チャールズ・ディケンズ 演出/板垣恭一]
2013年 千葉雅子×土田英生 舞台製作事業 『姐さん女房の裏切り』(作・演出・出演)
2013年 kitt 『ウィンカーを、美ヶ原へ』(作・演出)
2014年 ツチプロ第8回公演 『カップで自分を量るがいい』(作) [演出/須藤黄英]
2015年 土田英生セレクションvol.3「算段兄弟」(作・演出)

2016年 歪『夢叶えるとか恥ずかし過ぎる』(作・演出・出演)

【舞台出演など】
1989年 「B級プラクティス」として結成以降のすべてのMONOの舞台
1991年 結成以降1997年までのほぼすべてのGOVERNMENT OF DOGSの舞台
2000年 土田英生&水沼健ふたりコント・ライブ「ショート・カッツ」[台本/故林広志]
2001年 「ニッキーズ・パビリオン」[作・演出/故林広志]
2008年 GOVERNMENT OF DOGSコントライブ「Refresh!」[台本/故林広志 演出/水沼健]
2008年 AI・HALLドラマ・リーディング「パーマネント・ウェイ」[作/デイヴィッド・ヘアー 訳/常田景子 演出/坂手洋二]
2011年 cube presents「劇作解体新書」(出演、ナビゲーター)

【テレビ脚本】
2002年 CX      「天才柳沢教授の生活」 
2005年 ABC    「女と男と物語」 第2話「昼下がりの決意」
2006年 CX    「おかしなふたり」
2006年 TBS    「Happy!」
2006年 CX    「東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン〜」
2006年 TBS    「Happy!2」
2008年 NTV    「斉藤さん」
2008年 CX    「ロス:タイム:ライフ」第五節
2009年 NTV    「赤鼻のセンセイ」

2013年 NTV    「斉藤さん2」

2014年 CX    「俺たちに明日はある」 
2015年 TX     「保育探偵25時〜花咲慎一郎は眠れない!!〜」

【ラジオ脚本】
1996年 NHK FMシアター「鳩と夕暮れと」
2000年 NHK FMシアター「夜の灯」
2003年 NHK FMシアター「そのテーブルの苦い二人」
2008年 NHK FMシアター「あの人の声が聞こえた」 ※平成20年度文化庁芸術祭優秀賞受賞

2012年 6局共同制作 6COLORS 「桜色のドレスシャツ」

【映画脚本】
2004年 「約三十の嘘」 (原作・脚本)
2012年 「初夜と蓮根」 (原作・脚本)
 

【テレビ出演】
NHK 「純と愛」
NHK 「ごちそうさん」


【映画出演】
2006年  「NANA2」 [監督/大谷健太郎]

【ゲーム脚本】
2007年 「実況パワフルメジャーリーグ2 」脚本協力 [コナミデジタルエンタテインメント]

【著書】
2002年 CDブック Reading『椿姫』with 草なぎ剛[ヴォイス][角川書店]
2002年 戯曲集「算段兄弟/- 初恋」[深夜叢書社]
2004年 小説「約三十の嘘」[角川書店]
2005年 エッセイ「自家中毒〜ある劇作家の肖像〜」[ぴあ]
2007年 戯曲集「相対的浮世絵」[論創社]
2009年 戯曲「約三十の嘘」[21世紀戯曲文庫]

【コラム・エッセイ】
1999年 読売新聞「潮音 風声」(1999年)
1999年 シアターガイド「わたしの今月」(1999年7月〜2000年1月)
2003年 ぴあ関西版「自分好き」(2003年5月〜 2005年4月)
2003年 京都新聞夕刊「標準時間」(2003年10月〜2004年9月)
2003年 産経新聞「シェイクスピアめ!」(2003年10月〜2004年9月)
2004年 シアターガイド「その赤いバスは二階建てだった」(2004年1月〜12月)
2005年 ぴあ関西版「他人好き」(2005年4月〜2007年2月)
2007年 ぴあ関西版「好きモノども」(2007年2月〜6月)
2008年 京都新聞夕刊「現代のことば」(2008年7月〜2010年)

【賞歴】
1999年 第6回OMS戯曲賞大賞
2000年 咲くやこの花賞・大阪府舞台芸術奨励賞・京都市芸術新人賞
2001年 第56回芸術祭賞優秀賞
2003年 京都府文化賞奨励賞

【その他】
1991年 故林広志らと共にコントユニット「GOVERNMENT OF DOGS」結成
1995年 鈴江俊郎、松田正隆らと共に戯曲同人誌「LEAF」創刊
2002年 松田正隆、鈴江俊郎、内藤裕敬、岩崎正裕、深津篤史と共に「大阪のど真ん中に小劇場を取り戻す会」 に呼びかけ人として参加
2003年 文化庁の新進芸術家留学制度により一年間のロンドン留学を行う。
2006年 日本劇作家協会理事(〜2010年)
2014年 日本劇作家協会関西支部長

 
お問い合わせ
有限会社キューカンバー
【KYOTO】 〒605-0942 京都市東山区蒔田町549-3藤ビル2F 
Tel.075-525-2195 Fax.075-525-2197
【TOKYO】 〒155-0033 東京都世田谷区代田6-6-15-202 Tel.03-3485-8705

メンバー

土田英生 [劇作家・演出家・俳優]
水沼 健  [俳優・劇作家・演出家]
奥村泰彦 [舞台美術家・俳優]
尾方宣久 [俳優]
金替康博 [俳優]