奥村泰彦

舞台美術家・俳優/MONO
1968年2月6日生まれ 兵庫県篠山市出身
サイズ:
身長167cm B89cm W71cm H90cm 靴26cm

立命館大学在学時より演劇活動を始め、1992年にMONOに参加。1993年以降はMONOのほぼ全作品に出演。
※第6回関西現代演劇俳優賞男優受賞
並行して学生時代から舞台美術に携わり、現在も舞台美術家として活躍。第14回・第17回読売演劇大賞優秀スタッフ賞受賞。

2008年には十三夜会奨励賞を受賞。

ニュース

■奥村泰彦の最新の活動はこちらでご確認いただけます >>> 奥村泰彦関連ニュース

経歴

【舞台・出演】
1993年〜 第11回公演「ロマン再生」以降のMONOのほぼ全作品
1999年 近松劇場PART13メイシアタープロデュース「近松ゴシップ」[作・演出/土田英生]
2001年 OMSプロデュース「その鉄塔に男たちはいるという」[作・演出/土田英生]
2005年 AI・HALL自主企画 ドラマ・リーディング「ガガーリン・ウェイ」[作/グレゴリー・バーク 演出/土田英生]
2010年 土田英生セレクションvol.1「−初恋」[作・演出/土田英生]※舞台美術も担当
2011年 B.LET'S第9回公演「中ノ嶋ライト」[作・演出/滝本祥生]

 

【ラジオ】
6局共同制作 6COLORS 「桜色のドレスシャツ」


【主な舞台美術】
1994年 劇団M.O.P. 「青猫物語」[作・演出/マキノノゾミ]
1995年 OMSプロデュース「坂の上の家」[作/松田正隆 演出/竹内銃一郎]
1997年 青年団プロデュース「月の岬」[作/松田正隆 演出/平田オリザ]
1997年 東京国際フォーラム「東京原子核クラブ」[作・演出/マキノノゾミ]
1998年 青年団プロデュース「夏の砂の上」[作/松田正隆 演出/平田オリザ]
1999年 JIS企画「ラストワルツ」[作・演出/竹内銃一郎]
1999年 パルコプロデュース「東京原子核クラブ」[作・演出/マキノノゾミ]
1999年 MONO「- 初恋」[作・演出/土田英生]
2000年 羊団「水いらずの星」[作/松田正隆 演出/水沼健]
2000年 新国立劇場「怒濤」[作/森本薫 演出/マキノノゾミ]
2000年 JIS企画「月ノ光」[作・演出/竹内銃一郎]
2000年 青年団プロデュース「月の岬」[作/松田正隆 演出/平田オリザ]
2001年 新国立劇場「母たちの国へ」[作/松田正隆 演出/西川信廣]
2001年 オリガト・プラスティコ「カフカズ・ディック」[作・演出/ケラリーノ・サンドロヴィッチ]
2003年 劇団M.O.P. 「オールディーズ・バッド・ゴールディーズ」[作・演出/マキノノゾミ]
2003年 青年団プロデュース「夏の砂の上」[作/松田正隆 演出/平田オリザ]
2004年 羊団「石なんか投げないで」[作/松田正隆 演出/水沼健]
2004年 マレビトの会「島式振動器官」[作・演出/松田正隆]
2004年 劇団M.O.P.「虚飾の町に別れのキスを」[作・演出/マキノノゾミ]
2004年 平成16年度公共ホール演劇製作ネットワーク事業 「天の煙」 [作/松田正隆 演出/平田オリザ]
2005年 近松劇場PART19メイシアタープロデュース「彼氏のそこぢから」[作/鈴江俊郎 演出/水沼健]
2005年 マレビトの会「王女A」 [作・演出/松田正隆]
2005年  劇団M.O.P. 「水平線ホテル」[作・演出/マキノノゾミ]
2005年 演劇計画2005「象を使う」(作・演出/水沼健)
2005年 自転車キンクリートSTORE「セパレート・テーブルズ」[作/テレンス・ラティガン 訳・演出/マキノノゾミ]
2006年 文学座公演「湖のまるい星」[作/鈴江俊郎 演出/藤原新平]
2006年 近松劇場PART20メイシアタープロデュース「夢のひと」[作/わかぎゑふ 演出/マキノノゾミ]
2006年 魚灯「善人の靴下」[作・演出/山岡徳貴子]
2006年 劇団M.O.P.「ズビズビ。」[作・演出/マキノノゾミ]
2006年 マレビトの会「アウトダフェ」 [作・演出/松田正隆]
2006年  北九州芸術劇場プロデュース・天王洲銀河劇場オープニングシリーズ「錦鯉」[作・演出/土田英生]
2007年 劇団M.O.P.「エンジェル・アイズ 」 [作・演出/マキノノゾミ]
2007年 マレビトの会「Cryptograph (クリプトグラフ)」 [作・演出/松田正隆]
2007年 文学座公演「殿様と私」[作/マキノノゾミ  演出/西川信廣]
2008年 音楽劇「ぼんち」[原作/山崎豊子 脚本/わかぎゑふ 演出/マキノノゾミ]
2008年 演劇集団円「田中さんの青空」[作/土屋理敬  演出/森新太郎]
2008年 劇団M.O.P.第43回公演「阿片と拳銃」[作・演出/マキノノゾミ]
2008年 兵庫県立ピッコロ劇団第32回公演『桜の園』[作/アントン・チェーホフ 演出/松本修]
2009年 音楽劇「探偵(哀しきチェイサー)」[作・演出/マキノノゾミ]
2009年 劇団M.O.P.第44回公演「リボルバー」 [作・演出/マキノ ノゾミ]
2009年 アトリエ・ダンカンプロデュース「トリツカレ男」[作/倉持裕 演出/土田英生 振付/小野寺修二]
2009年 演劇集団円「コネマラの骸骨」[作/マーティン・マクドナー 演出/森新太郎]
2010年  自転車キンクリートSTORE「富士見町アパートメント」 [演出/鈴木裕美]
2010年 音楽劇 「新センセイの鞄」[原作/川上弘美 作/鈴木哲也 マキノノゾミ 演出/マキノ ノゾミ]
2010年 梅田劇場5周年記念企画「Roman Holiday ローマの休日」 [演出/マキノノゾミ]
2010年 ルドルフ「授業」 [作/E.イヨネスコ 演出/水沼健]
2010年 新国立劇場「エネミイ」 [作/蓬莱竜太  演出/ 鈴木裕美]

2010年 劇団M.O.P.最終公演「さらば八月のうた」 [演出/マキノノゾミ]
2011年 演劇集団円「カシオペアの丘で」 [原作/重松 清 脚本・演出/土田理敬]

2011年 音楽劇「探偵〜哀しきチェイサー」 [作・演出/ マキノ ノゾミ]
2011年  「秘密はうたう」[作/ノエル・カワード 翻訳/高橋知伽江 演出/マキノノゾミ]

2011年  「秘祭」[原作/石原慎太郎 脚本/守口悠介 演出/郷田拓実]
2011年 キャラメルボックス 「飛ぶ教室」[原作/エーリッヒ・ケストナー  構成/成井豊 演出/成井豊+有坂美紀]
2011年  文学座 「岸田國士傑作短編集」[作/岸田國士  演出/西川信廣]
2012年 音楽劇 「お嬢さんお手上げだ」 [作・演出/ マキノ ノゾミ]
2012年 第36回菊田一夫演劇賞受賞作品 「ローマの休日」 [演出/マキノノゾミ]

2012年 青年団第66回公演「月の岬」[作/松田正隆 演出/平田オリザ]
2012年 ala Collectionシリーズvol.5「高き彼物」[作・演出/マキノノゾミ]

2012年 キャラメルボックス「アルジャーノンに花束を」[原作/ダニエル・キイス 脚本・演出/成井豊+真柴あずき]

2013年 AMUSE×PEOPLE PURPLE「ORANGE」[作・演出/宇田 守]

2013年 音楽劇 「探偵〜哀しきチェイサー2」 [作・演出/マキノ ノゾミ]
2013年 千葉雅子×土田英生舞台製作事業「姐さん女房の裏切り」[作・演出/土田英生]

2013年 パルコ劇場 「非常の人 何ぞ非常に 〜奇譚 平賀源内と杉田玄白〜」 [作・演出/マキノ ノゾミ]
2014年 文学座「夏の盛りの蝉のように」[作/吉永仁郎 演出/西川信廣]
2014年 東京グローブ座「夜中に犬に起こった奇妙な事件」[演出/鈴木裕美 上演台本/蓬莱竜太]
2014年 音楽劇 「悪名」 [作・演出/マキノ ノゾミ]
2014年 キャラメルボックス「鍵泥棒のメソッド」[脚本・演出|成井豊]
2015年 音楽劇 「お嬢さんお手上げだ・明治編」[作・演出/マキノ ノゾミ]

2015年 東京グローブ座「ブルームーン」[作/青木豪 演出/鈴木裕美]
2015年 グループる・ばる 「蜜柑とユウウツ〜茨木のり子異聞〜」 [作/長田 育恵 演出/マキノ ノゾミ]

2015年 文学座「再びこの地を踏まず」[作/マキノノゾミ 演出/西川信廣]

【賞歴】
1999年 平成12年度京都市芸術文化特別奨励制度奨励者
2004年 第6回関西現代演劇俳優賞男優賞
2007年 第14回読売演劇大賞優秀スタッフ賞
2008年 十三夜会奨励賞
2010年 第17回読売演劇大賞優秀スタッフ賞

 
お問い合わせ
有限会社キューカンバー
【KYOTO】 〒605-0942 京都市東山区蒔田町549-3藤ビル2F 
Tel.075-525-2195 Fax.075-525-2197
【TOKYO】 〒155-0033 東京都世田谷区代田6-6-15-202 Tel.03-3485-8705

メンバー

土田英生 [劇作家・演出家・俳優]
水沼 健  [俳優・劇作家・演出家]
奥村泰彦 [舞台美術家・俳優]
尾方宣久 [俳優]
金替康博 [俳優]