MONO関連のニュース一覧

■土田英生|ナビゲート

MONO 明倫ワークショップ
「“MONO”のつくり方」

MONO 第41 回公演『のぞき穴、哀愁』のテキストを使った、
土田英生の演技ワークショップです。
演じる際の「間と呼吸」を大切にした、MONO 流・会話劇のつくり方を
実際に体験していただきます。
WS の後には本番を控えた『のぞき穴、哀愁』の稽古場もご覧いただきます。


日時|2014年2月2日(日)16:00-18:30
会場|京都芸術センター 制作室4

定員|15名
対象| 過去にお芝居に出演したことのある方

料金|無料


詳細 ・申込|京都芸術センターサイト内イベントページ

お問い合せ|京都芸術センター Tel.075-213-1000

 
■土田英生 ゲスト出演

FM802
FLiPLiPS<フリップ・リップス>

OA|2013年3月6日(水)11:00-15:00

DJは加藤真樹子
さん。
MONO『うぶな雲は空で迷う』公演について
土田英生がお話しさせていただいています!

番組ホームページ http://funky802.com/flip/

 
■土田英生 ゲスト出演

FM大阪
「Realize!」


OA|2013年3月5日(火)16:00-17:43

DJは森裕子さん。
MONO『うぶな雲は空で迷う』公演について
土田英生がお話しさせていただいています!

番組ブログ  http://blog.fmosaka.net/realize/

  
■土田英生 ゲスト出演

ABCラジオ 1008kHz
浦川康幸の『劇場に行こう!』


2013年2月24日(日)21:05-22:00

MONO『うぶな雲は空で迷う』公演について
土田英生がお話しさせていただいています!

番組サイト http://abc1008.com/gekijo/index.html

 
■MONO

MONO 明倫ワークショップ
『うぶな雲は空で迷う』公開稽古


3 月上演の『うぶな雲は空で迷う』の稽古風景をご覧いただきます。
ひとつのシーンを何度も試しながら作り上げて行く返し稽古。
MONO ならではの会話劇がどのように作られているのか
この機会に是非ご覧ください。


日時|2013年2月10日(日)15:00-16:30
会場|京都芸術センター 制作室6

定員|10名
料金|無料

詳細 ・申込|京都芸術センターサイト内イベントページ

お問い合せ|京都芸術センター Tel.075-213-1000

 

■MONO/出演

logo1.gif


PLAY PARK 2012~日本短編舞台フェス~

10日間で50組以上のアーティストが参加する日本最大級の舞台フェス
PLAY PARK 2012~日本短編舞台フェス~」に出演。


日程|2012420日(金)-29日(日) 15:0019:30(全20プログラム)
     MONOは4月29日(日)15:00・19:30の回に出演します!
会場|渋谷・CBGKシブゲキ!!

チケット料金|前売:4,900円 当日:5,300(消費税込・全席指定)
         ※未就学児童のご入場はご遠慮ください。

チケット発売|211日(土)より下記プレイガイドにて一般発売開始
         ・チケットぴあ ・e+ ・ローソンチケット ・カンフェティ
         ※先行チケット情報については公式サイトをご確認下さい。

公式サイト|http://playpark.info/

 

■MONOメンバー総出演(?)

ABCホール開館3周年記念イベント
中之島春の文化祭2011

限定1ステ、持ち時間20分。
演劇・ダンス・音楽・コント・落語…
その他分類不能のパフォーマンスまで、何でもアリの2DAYS。

会場:ABCホール
日程:2011年4月30日(土)14:00-・5月1日(日)13:00-

MONOの出演は4月30日(土)の最後から2つめ。

(おそらく19:00前後の出演です。)

その他の豪華メンバーなどの詳細はこちらのサイトをご覧下さい。
ABCホール http://asahi.co.jp/abchall/event/index.html

  

土田英生/脚本


平成22年度アートコラボレーション事業
平成22年度文化庁優れた劇場・音楽堂からの発信事業

おうみ狂言図鑑

【演目】
■新作狂言『鮒ずしの憂うつ』 作/土田英生
■古典狂言『太刀奪(たちばい)』
■座狂言『柑子(こうじ)』


栗東芸術文化会館 さきら 中ホール
2011年3月6日(日) 14:00-


出演:茂山千五郎 茂山あきら 茂山宗彦 茂山茂 茂山逸平 茂山童司ほか
※都合により出演者が変更になる場合がございます。予めご了承ください。

料金:一般2,000円 友の会1,800円 青少年(一般・友の会共)1,500円※青少年=18歳以下
    【全席指定】 *未就学児童入場不可。

★おうみ狂言図鑑 日野公演(2/19)もございます。
  演目が異なりますのでご注意ください。詳細はコチラ

詳しくは 栗東芸術文化会館 さきら ウェブサイト http://www.sakira-ritto.net/

  

金替康博/ナビゲーター

明倫ワークショップ MONO「場面をつくる」

あるテキストを元に場面を演じていただきます。
そこに加わる条件によって、演技がどう変化するのか?
それを体験していただきます。


日時:2010年4月18日(日) 14:00-
会場:京都芸術センター 制作室6

料金:無料

定員:10名
対象:お芝居に興味がある方であれば、どなたでもご参加いただけます。

※動きやすい服装でご参加ください。


ご予約・お問い合せ:京都芸術センター Tel.075-213-1000

-定員に達しましたので申込みを締め切りました-
■MONO

akaku.jpg

MONO一年ぶりの本公演。

1997年初演の『赤い薬』を大幅に改訂して再演決定!






MONO第37回公演『赤い薬』
作・演出: 土田英生

出演: 水沼健 奥村泰彦 尾方宣久 金替康博 土田英生
          /山本麻貴(WANDERING PARTY)


大阪公演    :HEP HALL
              2010年2月19日(金)~2月28日(日)

名古屋公演:愛知県芸術劇場 小ホール

        2010年3月3日(水)

東京公演   :赤坂RED/THEATER
          2010年3月6日(土)~3月16日(火)

福岡公演   :ぽんプラザホール
         2010年3月20日(土)~3月21日(日)

米子公演   :米子コンベンションセンター 多目的ホール 特設舞台
        2010年3月24日(水)

札幌公演   :コンカリーニョ
         2010年3月27日(土)~3月28日(日)


詳細はコチラをごらんください。
■土田英生「赤い薬」インタビュー掲載

シアタービューフクオカ
 tvf-web.com

福岡のステージ情報が満載のサイト。
「赤い薬」について、劇団について、お話しさせていただいてます。

an・an (マガジンハウス/2010.2.24号)

「週末エンタメ」STAGEページに
土田英生のインタビューが掲載されています。
ぴあ関西版 (ぴあ株式会社/2010.3.4号)

「ススめる! パーソン」
土田英生インタビューが掲載されています。
  

2009年10月に上演しました

MONO+AI・HALL共同製作
MONO特別企画vol.4
『チェーホフを待ちながら』

第64回文化庁芸術祭賞優秀賞(演劇部門)を受賞しました。



尾方宣久/講師

MONO「芝居をつくる」

短い台本を用いて芝居を作っていきます。
それぞれの個性を活かしたり、逆に我慢したりしながら進めていきます。


日時:2009年12月6日(日) 14:00-17:00
会場:京都芸術センター 制作室10

料金:無料

定員:10名
※動きやすい服装でご参加ください。


ご予約・お問い合せ:京都芸術センター Tel.075-213-1000

月別アーカイブ